やまてつBLOG

最近ちょっと気になったこと、感じたことを気の向くまま書いてます。

ラグビーワールドカップ盛り上がっている?

日本でというかアジアで初開催となる記念すべきラグビーワールドカップ。

どこで開催して、いつから始まるのかしっかり知っている人はどれくらいいるのでしょうか。

 

ラグビーワールドカップ2019は、東京スタジアム(東京調布)にて9月20日金曜日に開幕を迎えます。

 

f:id:freedeas:20190804113756j:plain

 

会場は東京スタジアム(味の素スタジアム)のほか、北から札幌ドーム、釜石スタジアム、熊谷ラグビー場、横浜国際競技場(日産スタジアム)、豊田スタジアム、花園ラグビー場、神戸御前公園競技場、博多の森競技場と北から南まで全国各地で行われるのです。

 

ただマスコミの報じ方もありますが、まだ開催まで1年あり、ほぼ東京でのみ開催する2020年東京オリンピックのほうが話題性は優っている気がします。(悪い意味での話題性もありますが)。

 

個人的にも、上記で報じた会場一覧のひとつの県に住んでいるのですが、ラグビーの話題など皆無。

はっきりいってラグビーワールドカップ盛り上がっていないのではないのでしょうか。

 

独占放映権を獲得した日本テレビのみラグビーワールドカップ事前番組をやっており、他局ではラグビーのラの字すら出てこないのも、盛り上がりが欠けている一因ではありますが、根本的に前大会イングランドで開催されたラグビーワールドカップの後のラグビー協会の対応に尽きると思うのです。

  

日本代表は南アフリカやサモアなど強豪国ばかりのプールBに属し、専門家の多くが全敗予想となるなか、3勝1敗と大善戦。

 

惜しくも決勝トーナメント進出は逃したものの、ヨーロッパの目の肥えたラグビーファンたちを驚愕させたのです。

 

なかでも、ラグビー史に残る番狂わせと言われたのが、優勝候補の一角で、実際3位となった南アフリカとの一戦。

 

予想通り自力に勝る南アフリカに押され気味で敗戦濃厚のなか、最後の最後で日本代表はトライを奪うという無謀のような決断を下し、見事にトライに成功。

 

世紀の大番狂わせを演じ切ったのです。

日本国内でも、五郎丸が大フィーバー。

独特なポーズの五郎丸ポーズは子どもたちがみんな真似する結果に。

 

マスコミも一気にラグビーの話題を取り上げ、このままラグビーブームが訪れる予感がしたものです。

 

 

しかし、今の現状を見て下さい。

ラグビーブームきていますか?今年、自国でワールドカップが開催されるのに。

ここでラグビー協会は大失策をしてしまいます。

 

ワールドカップ終了後、予想通り、日本の国内リーグトップリーグは多くの観客が訪れ、その勢いはJリーグに迫るものがありました。

 

このまま勢いに乗れれば良かったのに、協会は旧態依然のままで、チケットを各クラブの企業に配り、スタジアム外にはチケットが欲しくて多くの人で溢れているのに、スタジアム内は配ったチケットなので来ない人も多く空席が目立ってしまったのです。

 

この大失態もあり、そのままラグビーの話題は巷から消えていきました。

 

もしもの話になりますが、もしあの時にスタジアムまで来ていたミーハーファンを皆チケットが買え、生で観るラグビーの楽しさを体感できた人が1人でも多く増えていたら、ラグビーワールドカップも今より遥かに盛り上がったのではないかと思うと無念でなりません。

 

新国立競技場も本来ならこのラグビーワールドカップがこけら落としだったはずが延期になり白紙、踏んだり蹴ったりの日本ラグビーですが、このワールドカップで、前大会のような躍進をすれば、再度ラグビーがメジャースポーツになる再チャンスが生まれることでしょう。

 

何度となく生でラグビーを見ていますが、生で観ないと分からない迫力が凄く、是非ワールドカップはチケットが無いかもしれませんが、一度生でラグビーを体感して欲しいです。