やまてつBLOG

生活する上でお得な情報や、健康に関することなど、幅広くみなさんにお届けできるように心がけます。

40代からの元気低下に悩む・男の元気を取り戻す!

40歳近くになると、今までの元気が低下してきたと感じる男性が増えてきます。

男性の元気に深く関わるテストステロンの分泌は20~30代がピークですが、あとはどんどん落ちる一方。

その上、ストレスなども元気低下に深く関係しています。

そんな元気の低下を改善する方法をご紹介しましょう。

 

f:id:freedeas:20190927120709j:plain

  

男性の元気を取り戻す方法

男性の元気を取り戻すための方法は、食事療法、運動療法、ホルモン療法、薬物療法などがあります。

例えば薬物療法というと、男性を元気にするための薬を投与するという方法ですが、ある意味その場しのぎということになります。
根本から改善することはできませんが、若いときのあのみなぎりを感じることが出来るかも知れません。

またホルモン療法は加齢などによって低下する男性ホルモンの1つ、テストステロンをホルモン治療で増やすという方法です。
ただしホルモン療法はリスクもあるので、あまり気軽に行うものではありません。

自分でも簡単にできる方法は食事療法と運動療法です。

 

血流と男性の元気との深い関係

男性の元気と血流の関係

血流不良になると骨盤内の血流が抑制されてしまい、男性の元気を低下させてしまうのです。

血流の悪化の原因は血液中の脂肪が増えることにありますが、食生活の乱れだけでなく、運動不足により筋肉が落ち基礎代謝が低下することで起こります。

血液中の脂肪を減らし筋肉を付けることこと、いわゆるサラサラした血液をつくり血流を良くしていくのです。

逆に食生活の乱れにより、脂肪が血液中に増えると血液はどろどろとなり血流が悪化し、結果として男性の元気まで低下してしまうのです。

ただし血流を良くするためには食生活と運動だけでなく、ストレスや喫煙も注意する必要があります。

 

血中の脂肪を減らすための「おさかなすきやね」

血中の脂肪を減らすためには、「おさかなすきやね」という言葉を覚えておきましょう。

つまり「お・さ・か・な・す・き・や・ね」ということです。

お=「お茶」さ=「魚」か=「海藻」な=「納豆」す=「酢」き=「きのこ」や=「野菜」ね=「ネギ」

これは脂肪をためないための食生活の中で、とても重要な食べものについて男性にも分かりやすく表したものです。

「お茶」……緑茶やウーロン茶などには脂肪を溜めない働きがあるため、できるだけソフトドリンクやお酒を控えて「お茶」を飲みましょうという意味も含まれています。

「魚」……肉中心の食生活の男性も、「魚」をできるだけ食べる意識をするという意味です。

特に青魚の脂にはDHA・EPAなどが多く含まれており、血中の脂肪を溶かす働きがあります。
「魚」食を意識し、肉食中心の欧米型食生活から和食を見直しましょうという意味も含まれているのです。

「海藻」……海藻は特に水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

水溶性食物繊維はぬるぬる野菜などにも多く含まれていますが、腸内でゼリー状になり腸内の脂肪分や炭水化物を巻き込んで吸収を抑えてくれるのです。

そのため是非、食事と一緒に食べるようにしましょう。

「納豆」……納豆には良質な植物性タンパク質が豊富であると同時に、ビタミンB1、B2が豊富に含まれています。

これは男性の元気のためにもとても重要なビタミンです。
また、ねばねばに含まれている納豆キナーゼは血液サラサラ効果が高いと言われています。

「酢」……例えば唐揚げにレモンの汁を掛けるだけでも、脂肪が分解しやすくなるのです。

このように酢には脂肪を分解する働きがあり、疲労回復にも有効な成分が豊富に含まれているのです。

「きのこ」……きのこにも海藻と同じように水溶性食物繊維が豊富に含まれているため、脂肪の吸収を抑える働きがあります。

もちろん野菜にも食物繊維は豊富に含まれていますが、水溶性食物繊維をしっかり取るなら海藻やきのこがおすすめです。
腸内環境改善にも抜群の効果があります。

「野菜」……野菜には食物繊維だけでなくビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので欠かせません。

欧米型の食生活ではどうしても野菜類が不足するため、意識的に野菜を多く取ることはとても重要です。

「ネギ」……ネギというのはゴロ合わせの部分もあって、実はネギ、ニラ、ニンニク、タマネギなどをしっかり食べましょうということを表しています。

これらにはアリシンなど精力を高める成分や、ビタミンB群なども豊富に含まれているので、男性は是非意識して食べるようにしましょう。

 

筋肉を付けて基礎代謝を上げる

血流を良くするためには血中の脂肪を減らすことと、筋肉を付けて基礎代謝を上げることが大切です。
筋肉は運動をしなければ30歳以降どんどん減ってしまうとも言われています。

しかし嬉しいことに男性は筋肉が付きやすい体質を持っているため、ちょっとした努力で筋肉を付けることができるのです。
ポイントは毎日少しずつでも、軽い筋トレを続けることが必要となります。

毎日寝る前にスクワットを必ず30回程度行うなど、たまにジムなどに通うより毎日の積み重ねを大切にしましょう。

 

まとめ

40歳からの元気の低下は、やはり早いうちに改善することが健康にとっても重要なのです。

よく男性の元気は健康のバロメーターだと言いますが、血流はさまざまな成人病にも直結することから、元気が低下するということは、成人病などの始まりと考えるべきかも知れません。

そういう意味からも是非、元気が気になってきたら早めに血流改善を心掛けるようにしましょう。